新婦様のメイク『セルフ編』


写真撮影の際に気になる新婦様のメイク。。。現地のサロンをご利用の方もいらっしゃいますが、ご自身でされる方も多いです。

 

そこで、カンクンでの挙式やウエディングフォトをする際にメイクの点で注意しておきたい点をご紹介します(^^)


セルフ『メイク』を成功させるポイント!

 

メイクは海外のサロンをご利用されるのに不安な方が多いので、ご自身でされる方が多いです。

 

そこで、カンクンのビーチ撮影の際に注意したい点となります。

 

①ビーチは太陽の光が強い!

 

カンクンでのビーチ撮影では、太陽の光が強いので、メイクは色飛びも考えいつもよりも、濃いめのメイクがオススメです。

 

日本のブライダルメイクはナチュラルで美しく見せる傾向が強いですが、カンクンでは、少し濃いかな?と思う位の方が写真映えします。

周りの景色の色彩も強いので、背景の色に主役が負けない様にしましょう☆

 

色味を使う、リップやチークは少し強めの発色でも違和感は感じません。

 

アイメイクに関しても、アイラインは少し太めに、付けまつ毛なども利用されると良いと思います(^^)

海のリゾートなのでエクステを日本でされてくるのも、とてもオススメです!

ウエディングフォトだけでなく、海のアクティビティーに参加する際にも安心です。

 

最近は、付けまつ毛の種類がとても豊富なので、是非挑戦してみて下さい☆

こちらも、日本で使用する物よりもボリュームのある物がオススメです。

専用のノリも忘れずに準備しましょうネ!

 

日本製のものの方が絶対オススメです。

 

②暑い中での撮影なので、汗の心配も。

日中、炎天下での撮影になるので普段、汗をかかない人でもウォータープルーフタイプの化粧品の方が安心です。

 

特にアイラインやマスカラなどはウォータープルーフタイプを選びましょう。

ベースやファンデーションも、暑さ対策を考慮してる夏タイプのものがオススメです。

 

③日焼け対策

 

メイクのベースには、必ず日焼け対策の出来るものを使いましょう。

顔だけでなく、首や耳なども焼けやすいので、塗り忘れない様に注意しましょう(^^)

海のアクティビティーの際にも必須です。

 

レンタル衣装をご利用の方は、体に塗る日焼け止めは色付きではないものでお願い致します。 汗で日焼け止めが落ち易く衣装に付いてしまう危険性がございます。