オススメの撮影小物

ウエディングフォト用の撮影小物が最近は豊富。

オリジナルの小物を使った写真撮影も人気がありますよ(^^)

 カンクンで撮影小物を使う際の注意点とオススメの物をご紹介しますね。


カンクンで撮影の小物を使う際の注意点になります。

 

①風の影響を受けにくいもの

②色はハッキリした原色のものがオススメ。

③炎天下での撮影となるので、厳選して数は少なめに。

 


①風の影響を受けにくいもの

カンクンはビーチリゾートの為、風が強い事が殆どです。

 

要注意なのは、小物で人気のガーランドと空気を入れて使用する風船系の小物です。

 

一番メインのビーチで撮影をしたくても、風で文字がめくれてしまったり、飛ばされてしまったり。。。折角、準備をしても思う様に撮影出来ない事も。。。

 

文字を入れての撮影は、木製などのオブジェ使用がオススメです。

 

ガーランドを使いたい!という方に。

 

ビーチでのガーランドを使った写真集になります。

風の影響を受けにくい場所や、地面に置いて撮影を行ったりもしますよ。

購入の際は、色に注意して下さいね。

なるべく文字数も少なめがオススメです。

光を反射するシルバーや白系の文字はビーチ撮影には向きません。

なるべく、ハッキリした色合いのものを選びましょう(^^)

素材も紙製ではなく、木製などしっかりした物の方がオススメですよ。

 


②ビーチに映える色を選びましょう。

ビーチ撮影でオススメの色は、ピンクや赤など暖色系の色が目立ちやすいです。

海と空は青で、ビーチやドレスは白の事が多いので、その辺をイメージして色を考えて貰えると良いですよ!

 

好みの色を見つけるのが難しい場合は、白いオブジェに着色するのもアリです。

アクリル絵の具で着色するのも良いですが、もっと手軽なのではポスカ。

水性なので水は厳禁ですが、手軽に簡単に塗れちゃいます。

 

その他にも、油性のスタンプ台を白いオブジェにポンポン押せば、ステンシル風に色が付いて可愛いです。

 

手間は少しかかりますが、簡単にオリジナルのオブジェが作れちゃいます(^^)


③小物は厳選して最小限がベスト。

カンクンのビーチでは日陰の無い場所での撮影となる事も。。特に小物利用の撮影にはレイアウトを決めて、配置をして。。。と時間がかかる事も。

場合によっては、小物の位置に合わせながらモデルの立ち位置を合わせたりもするので、かなりハードな撮影となります。

 

体力、気力の勝負となるので撮影に集中出来る様に、最小限に絞りましょう。

 

文字を入れたガーランドやオブジェ、フォトプロップスは2種類位がオススメです。

その他、メキシコ風の小物としてメキシカンソンブレロを使うのもカワイイですよ(^^)

 

日除け対策として、可愛い日傘があると小物にも使えるので実用性バッチリです。

*風の強い日には使用出来ませんが。。。(^^;

メキシカンソンブレロは、レンタル小物に含まれていますので、

ご希望の方はお知らせ下さいね。